ニキビ跡では効果なし?

ベルブランはニキビ染み専用美容液です。

 

ニキビは治っても綺麗に治るとは限りません。

 

特に大人ニキビを繰り返している肌の場合、肌のターンオーバーが低下しているので、肌表面のバリア機能は弱く、刺激を受けやすい敏感な状態になっています。

 

 

そのためニキビ跡もブツブツとした凹凸状になったり、色素沈着をしてニキビ染みになりやすくなっています。

 

そしてそんな肌質の方の多くは「ベルブランをニキビ跡に使うとどうなる?」と疑問に思います。

 

ニキビ専用スキンケアは数多くありますが、肌質に合わないものや効果を感じられないものも多くあります。

 

そんな中、ベルブランはニキビ跡の色素沈着を改善して綺麗な状態にすることを目的とします。

 

その理由は配合されている成分にあります。

 

ニキビを繰り返す肌の場合、ターンオーバーが乱れている可能性があります。

 

そのような肌は古い角質が肌表面に蓄積されているため、肌表面は乾燥してスキンケア成分が浸透しにくくなっています。

 

そのため色々なスキンケアを使ってもニキビ肌を改善することができないのです。

 

 

しかし、ベルブランにはスーパー浸透油溶性甘草エキスが配合されています。

 

 

この成分はブースターとして有効成分を角質にまでしっかり届けることができます。

 

 

それにより肌のターンオーバーを整える効果が期待できます。

 

 

そしてそれらの成分の中には美白効果のあるトラネキサム酸、アルピニアカツマダイ種子エキス。

 

そのためニキビ染みの原因であるメラニンの生成を抑制し、色素を薄くすることができるのです。

 

また、ヒアルロン酸やコラーゲンなど肌にハリを与える成分も配合されているため、ニキビによる凹凸を改善する効果も期待できます。

 

どのくらいのクレーターかによって実感は違ってくるので
間違いなく改善するとは言えませんが、ケアとしては可能です。

 

 

このようにベルブランは凹凸や染みを伴うニキビ跡を改善を目的としたスキンケアです。